Blog

家づくりを楽しんでいただけるよう丁寧なサポートを実施

地域密着の会社として親しみやすい存在となることを目指します

大手のハウスメーカーと異なり、地域に根差した小規模の工務店としてお客様と近い距離でコミュニケーションを取れることを強みとしています。大きな金額をかけるマイホーム建設やリフォームは、細部まで行き違いやイメージのずれがないように行うことが大切です。これからもお客様と密なやり取りを重ねながら、丁寧なお住まいづくりを行ってまいります。

日々の家づくりにまつわる内容について、ブログから情報をお届けしています。千葉市のお客様にとって、より身近なお住まいのパートナーとなれるよう、今後も精進してまいります。

  • 突撃隣のスゴイ家

    テレビで紹介されました。

    2022/04/13
    4月8日(金)BSテレビ東京「突撃隣のスゴイ家」で紹介していただきました。
  • リフォーム工事 

    リフォーム工事

    2022/04/04
    天井を剥がしたら、綺麗な梁が出てきました。
  • 組子

    組子

    2022/03/28
    建具屋さんから頂いた組子のサンプル。
  • Instagram

    公式Instagram始めました。

    2022/02/05
    こんにちは。Instagramを始めました!写真はこちらにもアップしていきますので、チェックしてみてください。以下のURLから確認できます。https://www.instagram.com/tibanoki1209/
  • 手作り臼

    手作り臼で餅つきしました

    2022/01/19
    昨年末は毎年恒例の餅つきを行いました。臼はケヤキの木をくり抜いて、手作りで作りました。
  • 角館

    秋の角館に行って来ました。

    2021/12/02
  • 木製物置

    板倉造りの物置作りました

    2021/11/26
    お客様からのオーダーで物置を建てました。今回は正倉院や伊勢神宮などに使われている伝統的な構法(工法)の板倉造りで建てました。板倉造りとは柱や土台、軸組に溝を掘り、そこに杉板を落とし込む構...
  • 板倉造りの小屋建てました。

    匝瑳市、板倉造りの小屋。

    2021/11/09
    匝瑳市に板倉造りの小屋建てました。
  • 瓦利用

    瓦の再利用

    2021/08/31
    こんにちは。まだまだ暑い日が続いていますね。。先日、お客様の家から出た廃材の瓦で小路を作りました。手前半分はプロの方に、奥半分は自分達で。当たり前ですが、なかなか難しかったです。
  • IMG_3138 (1)

    黒松の梁

    2021/07/20
    黒松の梁材、屋根の下で出番待ちしてます。
  • IMG_2786

    資材置き場のご紹介

    2021/07/03
    こんにちは今日は自社の資材置き場のご紹介です。先日、大多喜町に借りていた資材置き場より、千葉市緑区に移転しました。
  • 事務所の全体像

    千葉 工務店|無垢材の家に住んでみて…

    2021/04/13
    皆様、こんにちは。ちばの木建築舎は2017年夏に、自宅兼事務所を建て千葉県長生村より転居してきました。現在、事務所兼自宅と構える千葉市の建物はもちろん無垢材で建てております。実際に住んでみて...
  • 事務所施工時の外観

    千葉 工務店|ホームページリニューアルいたし...

    2021/04/13
    皆様、こんにちは。千葉市で工務店を営むちばの木建築舎のホームページがこの度リニューアルいたしました。新築、リフォーム、設計など幅広く承っておりますのでぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • テレビで紹介されました。

    query_builder 2022/04/13
  • リフォーム工事

    query_builder 2022/04/04
  • 組子

    query_builder 2022/03/28
  • 公式Instagram始めました。

    query_builder 2022/02/05
  • 手作り臼で餅つきしました

    query_builder 2022/01/19

CATEGORY

ARCHIVE

お客様一人ひとりの思い描く理想のマイホームを作れるよう、あらゆる技術や材料を駆使しています。例えば、屋根には軽く丈夫なガルバリウム鋼板を使用しており、洋風・和風それぞれの瓦屋根の対応もできるようにしています。また、見えない部分だからこそ気になる屋根裏の点検をいつでも行えるよう、2階天井部分に点検口を設置するなど、一度建て終えても家のあらゆる場所の確認がすぐにできるよう配慮しています。

家は、完成したばかりの頃は当然ながら家中のどこも新品で綺麗ですが、年数を重ねる内に至る所に損傷や劣化が現れます。年数が経っても通気性・断熱性を確保でき、長く住みやすい家であるよう工夫する、気になる所をいつでも点検でき、危険な場所があればいつでも補修できる造りであることを重視するなど、末永く安心して住める丈夫な家づくりにこだわっています。