• 03スモールハウス_外観パース画像_202010
Arie

scroll_down

お客様のご状況やご要望にお応えするために、
規格住宅もご用意しております。
お好みのタイプをお選びください。


私らしく、心地よい家




私たち家族にちょうどいい暮らしを実現するために、Arieではちょっと特徴ある暮らし⽅を3つのコンセプト商品でご提案。
ここから「私らしい暮らし⽅」へのカスタマイズができる、そんな家づくりを応援します。

でも、これだけでは「住宅」としては不⼗分です。

住まいは家族の命と健康を守る役割も担っています。
特に⾃然災害の多い⽇本では住宅の基本性能の確保は重要であり、国も様々な施策により、住宅の⾼性能化へと誘導しています。

Arieでは国が推奨する「⻑期優良住宅」に適合する仕様を基本とし、
さらに「震災に強く、安⼼な家」「断熱性能が⾼く省エネで暮らす」という2つを最も重要な住宅性能と考え全商品標準の仕様としています。

プロが⾃信を持ってお勧めする⾼性能住宅を、あなた好みの暮らし⽅で実現する、これがArieです。

暮らしのテーマで選べる「Arie(アリエ)」

low_bg3

長く住むからこそ、性能には妥協せず、家族の個性にとことんこだわりたい。
でも、今の家賃並みで手が届く価格を実現させたい。
そんな願いを叶える長期優良住宅です。


スキップフロアの家

いつも家族とのつながりを感じられる

都市型シンプルモダンデザインが印象的なスキップフロアの家。
スキップフロアは子どもの遊び場やワーキングスペースとして幅広く活用することができます。
スキップ下には収納などにも使えるスペースを設け、無駄のない間取りを実現。

alt
  • スキップフロアのある 新しい生活様式

    スキップフロアの家コンパクト外観CG_202211
    住まいのアクセントにもなるスキップフロアは、家族の趣味やライフスタイルにあわせてフレキシブルに活用できるのが魅力。暮らしにゆとりと変化を生み出します。
  • スキップフロアを生かした、都市型シンプルモダンデザイン

    1709182798
    スキップフロアの段差によって実際の面積以上に広がりを感じることができるのもメリットの一つ。都市型市街地の高さ制限に対応した屋根形状であり、無機系素材を使用したシンプルな外観はどんな景色や街並みともマッチします。
  • 立体的に広がるスキップフロア

    スクリーンショット 2024-02-29 152454編集後
    スキップフロアがあることで空間に一体感が生まれるだけでなく、段差を利用してそれぞれのフロアに役割を持たせることで、生活の境目を認識しやすくなるという効果が。立体的な間取りであるため、通風や採光にも優れています。また、スキップフロアとリビングの間には壁などの仕切りがなく、部屋同士が空間でつながっているため、スキップフロアを勉強や仕事の場所として使っているときにも、常に家族の気配を感じながら過こすことができます。

家事収納の家

やさしさと女性らしさが調和したデザイン

家事動線を意識した使いやすい間取りと、豊富な収納スペースが魅力の「家事収納の家」。
毎日が心地よくなるような、やさしくナチュラルなデザインが人気です。
alt
  • 女性目線で暮らしをコーディネート。 理想的な住まいのかたち

    スクリーンショット 2024-02-29 170545
    ナチュラルなデザインはもちろん、家事動線にも配慮した使いやすい間取りがポイント。見た目だけでなく、機能性も兼ね備えた理想的な住まいです。
  • 使いやすさにもこだわった、 やさしいナチュラルデザインの家

    スクリーンショット 2024-02-29 170151
    キッチン、お風呂、洗面室などは家族が何度も行き来する場所です。中でも朝は忙しく、家族の動線が重なることで家事に時間がかかったり、イライラの原因になったりすることも少なくありません。家事の動線を回遊動線にすることで、無駄な移動をなくし、効率よく家事をすることができるようになります。
  • 家事時短を叶える、効率的な間取り

    スクリーンショット 2024-02-29 170251
    洗面室とランドリールームが分かれているのも特徴の一つです。「洗う」「干す」「しまう」といった作業が一つの部屋で完結するので効率的 。また、室内干しのスペースを1階にも2階にも確保することで、雨の日や洗濯物が多い日にも安心です。
    キッチン横の家事コーナーは自由に使うことのできる多目的スペース。家事の合間に一息ついたり、趣味や仕事をしたりするのにもちょうどいいスペースです。

スモールハウス

「床座」のある落ち着いた暮らし

限られた空間を有効活用し、機能性や快適性を追求したコンパクトな3LDK。
落ち着きのある和の雰囲気にモダンデザインを組み込むことで、現代の暮らしにマッチした美しい住まいを実現。
いつでも安らぎを感じられる空間です。
alt
  • 落ち着きのある 「和」を取り入れた暮らし

    スクリーンショット 2024-02-29 174505
    「和」の雰囲気を生かしながらもモダンデザインとの融合によって、個性的で洗練された印象に。床座を暮らしの中心に取り入れた住まいはコンパクトでも開放感があるのが特徴。リラックスした空間で家族の時間を楽しむことができます。
  • コンパクトでも開放感のあるレイアウト

    スクリーンショット 2024-02-29 173531
    コンパクトな3LDKでも吹き抜けを取り入れたり、天井高を2,250mmに設定したりすることで、機能性を損なわずに空間に広がりを持たせています。キッチン横にはパントリーを兼ねた家事コーナーを設け、洗面室とリネン室は別々に設置しました。毎日の暮らしや家事が快適で楽しくなるようなレイアウトになっています。
  • 現代和風を取り入れたデザイン

    スクリーンショット 2024-02-29 173602
    コンセプトは 「現代和風デザイン」。純和風とは異なり、モダン、スタイリッシュといったテイストを取り入れることで現代風のデザインに仕上げました。リビング・ダイニングの床は他のスペースより1段(200mm)高い設計とすることで目線が低くなりすぎず、キッチンに立って家事をしていても床座で寛ぐ家族との目線を近づけてくれる効果があります。また、リビングの一部を吹き抜けにすることで空間に動きが生まれ、開放的な印象になります。