IMG_2822
IMG_2813
木の温もりを
感じる家造り
千葉県産の木材にこだわり、温もりの空間を創造
Concept

自然の木材を使う工務店として千葉市での暮らしを快適に

調湿性や香りなど自然の木材の良さを活かします

国産、特に千葉県産の無垢材を使用することにこだわって家づくりを行う工務店を千葉市で営業しています。現在は、外国産の木材による集成材をメインに使う建築工法が多くなっていますが、そうした方法ではなく木材を厳選し、無垢材ならではの特性を活かした建築工法で施工することを重視しています。

伐採した原木をそのままカットしただけの、芯まで混じり気のない同じ木でできた無垢材は、床材としても壁板としても、また構造体としても有効に使用できます。そんな無垢材を丁寧に取り扱いながら丈夫で快適な家づくりを行ってまいります。

Gallery

多くの実績を持つ工務店として千葉市で家づくりに尽力

熟練の技術を持つ職人による快適な家をお届け

Q&A

分かりやすいご説明で家づくりへの不安を解消

  • 対応エリアを教えてください。

    千葉県千葉市を中心に対応しております。その他地域の方もまずはご相談ください。

  • 完成までの期間はどの程度ですか?

    通常新築ですと5・6か月となります。時期や工事内容によっても異なっておりますのでお客様とのお話し合いで決定させていただきます。そのお話し合いの中で細かなご要望や理想を叶えるお手伝いをさせていただきます。

  • お金のことや資金について相談できますか?

    資金調達などはお客様ご自身にお願いしておりますが、工事内容や理想などはお聞かせいただき一緒に叶えていきたいと考えております。

  • 相談したいのですが費用はかかりますか?

    ご相談、お問い合わせは無料となっておりますのでぜひお問い合わせフォーム、お電話よりご連絡ください。

Company

家づくりやリフォームに関するご不明点に丁寧にお答え

概要

会社名 ちばの木建築舎
住所 〒266-0003
千葉県千葉市緑区高田町1066-45
電話番号

043-312-9805

043-312-9805

FAX 043-312-9806
営業時間 8:00 〜 18:00

定休日

日曜・祝日

代表者

加藤大介

設立

平成24年12月

業務内容

住宅建築全般

資格

2級建築士 宅地建物取引士 建設業許可 2級建築士事務所登録済

許可番号

千葉県知事許可 第52365号

登録

ちばの木建築舎 二級建築士事務所

アクセス

多くの自然が醸し出す爽やかな空気が漂う千葉市にて、お客様のご要望に最大限お応えすることを目指す工務店を営んでいます。ご予約にてモデルハウスのご案内もしております。大切なマイホームの新築工事やリフォームを、千葉の木材を使用することにこだわりながら丁寧・確実に行うことをモットーとしています。無垢の木の自然な風合いや優しい香りを感じられる家づくりを、今後も誠実に行ってまいります。

About us 人に優しい無垢材を重視する工務店として千葉市で営業

木材を使用した家の快適さを工務店として千葉市からお届けします

家づくりにおいて、多くの天然の機能性を持つ無垢材を積極的に使用しています。その機能の一つとして、調湿作用が挙げられます。無垢材は、空気中の湿気を調整することで、日本独特の高温多湿な夏、乾燥しやすい冬を快適に過ごせるようにしてくれるのです。そしてフローリングなどの床材に使用した場合には、通常のフローリング材にはない「温かさ」を感じられます。触感の温かみはもちろん、見た目にも本来の色味から年数に応じた深く優しい色合いに変わる楽しさを味わうことができるため、視覚からの温もりも感じていただけます。

さらに、天然の木材ならではの優しい香りには、フィトンチッド効果と呼ばれるものがあります。フィトンチッドとは、森林浴を行ったようなリフレッシュ効果をもたらす木々の香りのことを言います。フィトンチッドは、本来樹木が自然の中で自分自身を守るために放出するものですが、その香りで住む人の暮らしに癒やしや安らぎを与えてくれるのです。ただ住んでいるだけで、体にも心にも安心感と快適さを届けてくれる無垢材を使った家づくりを、お客様との密なコミュニケーションを大切に行ってまいります。

地元で育った木ならではの機能性を工務店として千葉市からお届け

千葉県は多くの方向を海に囲まれた高温多湿な地域です。海に近い地域では住宅が塩害による腐食に見舞われたり、内陸部ではシロアリの被害を多く受けたりと、住宅を建てるには他の地域に比べて厳しい環境と言えます。現在、日本で建てられる住宅の建築材の多くは、北欧を始めとする海外から輸入されたトウヒやスプルスなどの白い色味を持つホワイトウッドや集成材が使われています。これらの素材は、高温多湿な日本の気候とは真逆の土地で生育した木材を使用したものです。現地にはシロアリもいないため、シロアリに対して無防備な素材とも言えます。

こうした素材を日本の住宅づくりに使用するにあたっては、人体へ影響のあるシロアリ駆除剤、カビ止め剤、接着剤を使用する必要があります。これらは、社会問題としても知られるシックハウス症候群の原因の一つともなるのです。それに対し、厳しい環境の中で生育した千葉のスギやヒノキなどの木材は、家の空気を調湿するなどの多彩な機能を持ち、他県の木よりも樹脂を多く含んでいることで、カビやシロアリ、ダニなどからお住まいを守ってくれます。こうした強い木材を使った安心の家づくりを丁寧に行っています。