千葉の木にこだわった私たちのコンセプトです|《ちばの木建築舎》

トップに戻る>私たちのコンセプト

私たちのコンセプトについて 私たちのコンセプト


“木の温もりを感じる家造り”

伐採した原木を切っただけの、芯まで混じり気のない同じ木でできている木材のことを「無垢材」といいます。無垢材は床材としても壁板としても、もちろん構造体としても使用することができます。
無垢材には調湿作用があり、この調湿作用によって、室内を快適に保ってくれます。
床材として使用した場合はフローリング材には無い、「暖かさ」が感じられます。見た目にも無垢材は経年する事によってしか得られない「色合い」が生まれます。またその香りにはフィトンチッド効果があり、毎日の暮らしに癒しや安らぎを与えてくれます。


木の温もりを感じる家造りをめざします




“地元千葉県産の材木にこだわりたい”

千葉県は海に囲まれた高温多湿地域です。

海の近くでは住宅も塩害による腐食、
内陸部では白アリの被害も多く、住宅を建てるには他県と比べますと厳しい
環境と言われています。
現在、日本の住宅の建築材の多くは北欧などから輸入されているホワイトウッドや集成材などが使われています。日本の気候とは全く逆で、夏期の高温多湿のない土地で生育した素材です。白アリもいませんので白アリに対しては無防備です。そのため加工する際には人体への影響が強い駆除剤やカビ止め剤、接着剤を使用しなければなりません。
それが社会問題化しているシックハウス症候群などの原因の一つとなっています。

厳しい環境中で生育した千葉の「スギ」や「ヒノキ」は、空間の湿気を調湿する機能を持ち、さらに他県産の木よりも樹脂を含んでいるので、住居をカビや白アリ、ダニから守り、高温多湿の千葉の気候でも建築材として十分に機能を発揮してくれます。


地元千葉県産の材木にこだわりたい




“『フットワーク』の良さを生かして”

「小さい工務店」ならではのキメの細かい、お客様の目線に立ったサービスを心がけています。
住宅建築やリフォームは、施工後の経過観察が重要です。
大手ハウスメーカーは、中間業者を多く使用していることや、またその業者も頻繁に入れ替わるため、建築後数年は良いとしても、後々には「担当者」や「業者」が変わり、結局「誰がどう造ったかわからない」ということで修繕にも無駄な時間と余計な費用がかかり、、、ということもあると思います。

《ちばの木建築舎》は「小さい工務店」の良さを生かして、お客様が「生涯に一度の家」にご安心頂ける様な家づくりを心がけ、あらゆる知識やノウハウを総動員して、キメの細かいサービスをさせていただきます。


フットワークの良さを生かしてキメの細かいサービスをさせていただきます




“外構も『いい家造り』のポイントと考えます”

予算が無いから後で」ということで、外構(エクステリア)を諦める、という選択肢もありますが、《ちばの木建築舎》は、お客様の総予算の中からあらかじめ、「外構にかかる費用」も考えプランニングさせて頂いております。見た目もそうですが、機能的な面でもその「建物」にふさわしい設計での外構はとても重要なポイントであると考えます。

『いい家造り』=「建物」+「お庭」というのがひとつの完成形と考え、お客様の高い満足のご提供をさせて頂けることが、私たちの願いであり喜びでもあります。


外構は『いい家造り』のポイントです